社会福祉法人 福寿会

採用情報&お知らせ

福寿会のお知らせ&採用情報

三重県伊賀市にある社会福祉法人 福寿会です。施設のお知らせや、採用情報等を掲載いたします。

新年のお祝い

 元日、特養老人ホーム福寿園と養護老人ホームこうふう苑で、年始行事である「新年祝賀会」が催されました。
 福寿園では、毎年お越しいただいています市内白樫の岡八幡宮様によります獅子神楽が披露されました。利用者の皆さんも獅子舞に頭を噛んでいただき、一年の息災を祈念されました。
 図1R2-1図4R2-2
昼食は、当園調理職員による、手作りのおせち料理をを召し上がられました。お刺身や鯛の姿焼きもお膳に並べられ、美味しくいただかれました。
図3R2-3 図5R2-4
 午後からは、伊賀琉真太鼓様によります沖縄の歌と踊り、太鼓が披露されました。艷やかな衣装を身にまとい、優雅な音色とリズムに合わせ、力強い太鼓演奏に、始めは驚かされる方もおみえでしたが、途中からは手拍子一体となり、大いに満喫されました。
図8R2-5 図18R2-6  
 利用者の皆さん、今年一年健やかにお過ごし下さい。

”新たな年を迎えて”

 令和2年が始まりました。元日早々、とても穏やかな一日となり、今年一年も同様に平穏な年となることを祈念いたします。
    今年の法人の合言葉は、
       よく「聞き」よく「見て」認め合おう
         予断を持たず、「耳」と「目」を十分に使って
         人の表現に気持ちを向けましよう。
         真意が見えてきます。
  耳 目              
 職員一同、この合言葉のもと「ワンチーム」に徹し、新たな年を歩んでまいります。

”新たな年を迎えて”

 令和2年が始まりました。元旦早々、とても穏やかな一日となり、今年一年も同様に平穏な年となることを祈念いたします。
 今年の法人の合言葉は
 『よく「聞き」よく「見て」認め合おう』span>  予断を持たず、「耳」と「目」を十分につかって
  人の表現に気持ちを向けましょう。
  真意が見えてきます。

年忘れ会が開催されました

 去る12月20日(金)、特養福寿園にて利用者の皆さん方の「年忘れ会」が開催されました。昼食は、毎年恒例のすき焼きを職員と一緒に鍋を囲みながら美味しくいただきました。
 利用者の中には、今年も楽しみにされていた方もおみえになり、「やっぱり鍋で食べるすき焼きは美味しいわ」と満足そうでした。
年忘れ会図11
 午後からは、「FGP Dance School」の子供さんによりますダンスが披露されました。利用者の皆さんも子供さんのダンスに体を動かされ、楽しまれていました。
年忘れ会図22
 今年も残すところ、あとわずかとなりましたが、来年もこうして楽しいひとときを過ごされますよう、お体に気をつけてください。

感染症発生シーズンに備えて

 去る12月4日(水)、特養ホームにて「感染症予防に関する施設内学習会」が開催されました。講師として、岡波総合病院の感染管理認定看護師の村田様をお迎えし、インフルエンザやノロウイルスに関する概要説明と手指消毒や汚物処理といった演習が行われました。
 毎年、感染症予防についての学習会を開催していることもあり、知識と実践面で再認識させていただきましたが、演習における衛生管理対策では、参加職員も普段行っている対応と異なり、忘れかけていたことが多くあり、改めて衛生管理の必要性を理解しました。
 図1感染症予防1

これからしばらくは、感染症発生のピークを迎えますが、利用者の皆さんの感染症予防に努め。安全・安心した生活を送られるよう支援させていただきます。